一人になって…

波乱万丈生きてきて、独りぼっちになりました。
誰にも話せないことここで書いていきたいと思います。

喉が腫れています。
でも昨日よりは少しましです。
マスクをして過ごしていると落ち着きます。
仕事中もいつもマスクをしているので…
人の目を見るのも、見られるのも好きではありません。
とても苦手…



16歳の年末、クリスマスもお正月も何もかもが悲劇になったあの日。
物がなくなり始めた家の中。
父は呑気でした。
そもそも家を失うことになったのも、すべてこの父親のだらしなさが原因です。
自分を一番に考え、学習せず、外ずらの良い自信家。
なにもないくせに。
長く勤めていた仕事も、自分の欲のために辞めたのです。
そのあとの仕事はろくに長続きもせず…


この男への憎しみは今の私の心にも根強く残っています。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

体調と心と思い出。

少し体調を悪くしています。
熱とのどが腫れているみたいです。
でも余計に使うお金はないので、買ってあった市販の薬を飲んでいます。
仕事が休みで助かりました。



この時期になると思い出すことです。
私と母で、家を取られづにすむ方法を一生懸命考え、努力しました。
その頑張りも、高いローンのまえでは数か月もつはずもなく…


結局、家を出ていかなくてはいけなくなり、年明けの二月と決められてしまいました。
大きな家に大量の荷物、思い出、大切なもの…
毎日毎日…
母と二人、ごみ袋に詰め、捨てていきました…。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

母のこと。

寒い朝です。
今日は少し早く仕事に行かなければならないので、それでも一時間早くなっただけですが…目が覚めてしまいました。


母はブランド物やジュエリーにも興味はなく、家で植物や動物の世話をするのが好きな人でした。
私が帰ってくる夕方にはいつもいい匂いがしていました。


母が子供のころ、帰ってくる道すがらとりすぎる家のあちこちからいい匂いをかぎながら帰ってくると、家の中は真っ暗で寒かったんだと…


だからこそ、自分の子供にはそういう思いはさせたくないとよく言っていました。


この後大変なことが起きることは予想もしていませんでした。
次回に書きます。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ